桜餅の名前の由来は?なせ葉っぱをつけるの?いつ食べるのがいいの?

この記事は2分で読めます

18567930c3d2c545ac427c6a5106a16a_m

 

みなさんは桜もちの由来をご存じでしょうか。

 

桜もちは春の季節を感じさせる春定番のお菓子ですが、桜もちは関西と関東で

呼び名が違うのを知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

さらに意外と知られていませんが桜もちは2種類あるのです。
今回はそんな桜もちについて紹介します。

 

桜餅 名前 由来

桜もちの呼び名は大きく分けて関東と関西で分かれています。
関東は長命寺、関西では道明寺という名で呼ばれています。
これを見た方はなぜ名前に寺が入っているのか疑問に思うことでしょう。

 

しかしその前に桜もちの形について紹介しておきましょう。
桜もちというとみなさんの多くが想像するであろう物はあんこをお餅で包んで

俵形のおまんじゅうのような形の桜もちなのではないでしょうか。

 

しかし先ほど上げた長命寺は円形の物というよりも、あんこを焼いた生地で巻く

クレープのような物で、丸い桜もちが普通の人はちょっと違和感があるかもしれません。

 

そしてなぜここまで形が違うのかなぜ名前に寺が入っているのか、

それはそれぞれの名前に由来があるからです。

 

長命寺という名前は一番最初に桜もちが売られ始めた場所だといわれています。
山本新六が長命寺の門前で桜もちを売り始めたので今でも長命寺という名で受け継がれているのです。
なので桜もちは長命寺の物が元祖だといわれています。

 

何でもはじめは桜の葉は塩漬けではなく醤油漬けだったなんて話もあるそうです。
今桜の葉が塩漬けになっているのはたぶん塩漬けの方が香りがよかったからなのではないでしょうか。

 

道明寺という名前は、桜餅をつくるときに使用する道明寺粉という名前から取ったとされています。道明寺粉は炊いたお米を乾かして作ったとされています。

 

ですが現在は道明寺粉は値段が高いため、もち米などで代用することが多いようです。

 

桜餅 葉っぱ なぜ

そもそもなぜ桜もちには桜の葉がついているのか?

それは香りがいいとか見栄えがいいということよりも、保存性を重視した結果のようです。

 

まずほこりがついたり乾燥してしまうのを防ぐためです。
現代でいうところの包装みたいな物を担ってくれているのがこの葉っぱなのです。
しかし食べても問題はありません。

2887dace91f83af221a01c136cbaf8b6_m

人によっては桜の葉には毒があるから食べないと考えている人もいるでしょう。
たしかに桜の葉の塩漬けにはクマリンという物質があり、肝機能を弱めるともいわれています。

 

しかしこれはみかんやグレープフルーツなんかの果物にも含まれている物なので、

過剰摂取が危険なだけです。
なんでも1970年以降はクマリンを生成しない桜の葉がつかわれているともいわれています。

なので桜の葉を食べるかはがすかは、お好みといったところなのでしょう。

 

桜餅 いつ食べる

桜もちはそもそもいつ食べるものなのでしょうか。

実は、どの日にたべるのが正しいというのは存在していません。

 

和菓子に旬という物はあまりないように思われますが、だいたい

桜もちは3月から4月といわれています。
特に3月3日には桃の節句があるので時期的にひな人形にお供えしたりすることも

あるのではないでしょうか。

 

昔は和菓子というと和菓子屋さんに行かないと買えませんでしたが、今では

コンビニエンスストアやスーパー、百貨店などでも買えるのでいろいろ選ぶことができます。
便利になるのはとてもありがたいことですが旬がないというのも少しさみしいものですね。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

桜もちには2つの名前と形がありそれぞれに違った由来があるのです。

さらに桜の葉には毒があるというのは事実ですが、実際はほとんど問題はないのです。

 

桜の葉に塩漬けは香りもよく、見栄えもいいので和菓子を作る方は

一度作ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 275448
  2. 9ef1a3f43db6d83ed9181e062e5d82a9_m
  3. ^4C62799FACDB13710F583D9AB1F436CC89717DD976C58043C6^pimgpsh_thumbnail_win_distr
  4. ざるそば
  5. sweets1
  6. eaf0a9ab95c4f73f1d830a2ddd338ab4_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ