ディズニーのお正月イベントは?お正月グッズは?混雑はどのくらい?

この記事は2分で読めます

17cb4992f325732aa367b8588f03c863_m

皆さんは来年のお正月はどのように過ごす予定ですか?

 

実家に帰ったり、家族と一緒におせちを食べてゆったりすごす人もおおいでしょう。
しかし、家族そろったからには、まったり過ごした後には家族全員で出かけたくなるもの。

 

そこで出かける先にもし迷うのなら、ディズニーリゾートのお正月イベントをおすすめします。

1月1日から4日までしかやっていない短期間のイベントがあります。
混雑はしていますが限定イベントです。来年のお正月はディズニーリゾートにいってみませんか。

 

今回はそんなディズニーリゾートのお正月イベントの詳細と、グッズや混雑具合などに関してご紹介します。

 

ディズニー お正月 イベント

ディズニーランドとディズニーシーで1月1日から1月5日の間お正月プログラムという物が開催されます。
ディズニーランドのワールドバザールには、ジャングル・ブックのキング・ルイを飾り付けた門松が設置されます。
また、ディズニーシーのミラコスタ通りでは、アラジンのアブーが飾り付けられた門松が設置されます。
ディズニーファンなら是非両方ともチェックしておきたいですね。

 

お正月イベントの間は、ミッキーやミニー達が和服を着て新年をお祝いするニューイヤーズ・グリーティングをやっています。
ディズニーランドではパレードルート、ディズニーシーではメディテレーニアンハーバーで見ることができます。
ディズニーのキャラクター達が和服を着ているのはちょっと新鮮で面白いので必見です。

 

また、パレードも見たいけれどそれよりもキャラクターの写真が撮りたい方!はトゥーンタウンです。
ここはパレードの最後に通る位置ですが、パレードの通る道の関係上、片側にはゲストがいないようになっているのです、
なのでここをパレードが通過する時はフロート上のキャラクターがこちらを向いてくれるのです。
キャラクター写真が撮りたい方はここがおすすめです。

7bd907db6e3bf8b644ccebb7a31d5313_m

 

ディズニー お正月 グッズ

お正月イベントでは様々なグッズが新しく登場します。
申年にちなんだアラジンのアブーのぬいぐるみや、和服姿のミッキーやミニー達のぬいぐるみも販売されます。
アブーのぬいぐるみは初登場なので、是非ゲットしましょう。

 

他にも申ミッキーのだるまぬいぐるみや、和服姿のミッキーとミニーがプリントされた缶バッジ、湯飲みやお椀なども売っています。
お年玉袋やボールペン、ストラップ、きんちゃくなど見ているだけでも面白いようなグッズが盛りだくさんです。
ほかにもスペシャルメニューとしてキング・ルイ、アブーがデザインされているカップが付いた「黒豆&セサミムース」も発売されます。だるまミッキーをイメージしたポップコーンバケットもあります。

料理は他にも色々あるので、レストランでさがしてみてくださいね。

 

 

ディズニー お正月 混雑

実は、1月は年間でも入場者数が少ない月です。しかしその中で特に混雑しているのは三が日です。

年始のディズニーはお正月イベントやニューイヤーイベントなどもあって、とても混雑します。

 

2015年には、1月2日と3日は入場制限がありました。ちなみに1月1日は普通の土日くらいの混雑具合です。
さすがに1日に行く人はそこまで多くないのでしょう。ある意味穴場の日でもあります。
混雑具合が落ち着くのは1月4日以降です。
お正月イベントはほとんど終わっていますが、1月6日以降は例年かなり空きます。
なお、お正月の前売り券は結構売り切れが早いので、完売する前に買うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。
お正月はディズニーランドとシーともにお正月イベントがあり、様々なグッズやキャラクター、パレードを楽しめます。
この期間だけの飾り付けや、イベントがいろいろあるので是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
日付や曜日に気をつければ快適に過ごせることも多いので、2016年のお正月はディズニーリゾートにいってみてはいかがでしょうか。

 

素敵なイベントをたのしめますように。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. skytee
  2. pool2
  3. グレートアメリカンワッフルカンパニー
  4. 7bd907db6e3bf8b644ccebb7a31d5313_m
  5. 17cb4992f325732aa367b8588f03c863_m
  6. 6ad160b2cb06093b6b614378a8964edd_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ