潮干狩りに必要な持ち物リストは?服装は何がいいの?子供の注意点は?

この記事は3分で読めます

SONY DSC

春のイベントと言えばお花見ですが、その後のイベントにお悩みのあなた。

せっかくのGWだからどこか遊びに行きたいと考えていると思っている方に

おすすめしたいのが潮干狩りです。

 

しかし初めての潮干狩りとなると何を準備したらいいのかわからないものです。

そこで今回は初めて潮干狩りに行くときの方向けの持ち物や、

子どもを連れて行くときの服装についてご紹介します。

 

潮干狩り 持ち物 リスト

潮干狩りに必要な物をご紹介します。

・熊手

必ず持っていきたい物として砂を掘る道具があります。
熊手は砂を掘るときの必須アイテムなので持って行きましょう。
先がとがっている方が掘りやすいですが、貝を傷つける可能性もあります。
掘るときは、優しく掘りましょう!

 

・タオル
最低一枚持っていくと便利なのがタオルです。
日焼け防止や汗対策などで重宝します。

 

・手袋
あると日焼け対策にはいいですが別になくても困りません

 

・網
取った貝をいれる物は必要です。
しかし網目が細かすぎると砂が落ちないので、計量するときなどに重くなってしまいます。

 

・持ち帰るための容器
バケツかクーラーボックスなどに入れて持ち帰りましょう。
海水がこぼれないようなふた付きのバケツなどふたができる物を選びましょう。
最近のクーラーボックスにはタイヤがついた物もあったりします。

 

・ペットボトル
一本あると重宝するのが水ボトルです。
手が汚れたときや足を洗うのにあると便利です。

 

・着替え
ほぼ確実に潮干狩り後は服が濡れるので、着替えを用意しておきましょう。

 

 

ここからはなくてもいいけれどあると便利な物をご紹介します。

 

・ゴム手袋
子どもの世話をするときにいちいち手を洗うのは面倒なので、あまり手をぬらしたくないという人にもオススメです。

 

・保冷剤
気温が高いと貝は傷みやすいので保冷剤などがあるとよいでしょう。
さらにクーラーボックスに飲み物と入れておけば冷やすこともできます。

 

潮干狩り 持ち物 服装

・服装
まず大人の服装ですが、帽子、長袖シャツ、ズボンが基本です。
日焼け対策が必要になってくるので帽子はつばの広いものがいいです。
潮干狩りの時期になると暖かくなってきて油断しがちですが、海には行って風に当たるとさすがに寒くなります。
一枚羽織れる物を持って行くのが賢明です。

 

靴は長靴がオススメです。
ビーチサンダルなどのしっかりはけない物はやめましょう。
長靴がないという方は靴下2枚重ねという手もあります。
二枚重ねれば貝を踏んでもけがしないですし、動きやすくて作業がしやすいです。

 

貴重品を持って行くためにウエストポーチやリュックのような両手がふさがらないバックが便利です。

 

潮干狩り 持ち物 子供

大きな子どもであれば大人と同じで問題ありませんが、小さな子どもがいる場合

は気をつける必要があります。

 

子どもの服装は転んでびしょ濡れになってもいいように、水着を着せてその上に

シャツを着せれば貝を掘っているときに濡れても大丈夫です。

帰るときの着替えも持ってくるのをお忘れなく。

 

子どもと一緒に行くときに気をつけたいのが迷子です。
夢中になっている間にどこかへ行ってしまったなどのことがないようにしましょう。
対処法としては熱中症対策と目印をかねてお気に入りの帽子か派手目の帽子をかぶせておきましょう。
ゴムなどがついていて脱げにくい帽子が理想的です。

 

靴は大人の場合は長靴でもいいのですが、小さな子どもの場合は脱げてしまう心配もあります。
その場合は靴下を2枚重ねにしましょう。
靴下を二枚重ねはけばアサリなどの貝を踏んでも足を傷つけないですし、脱げてしまう心配もないです。

 

はだしは絶対に禁物です。ガラスの破片がおちていることもありますので。(経験者)

 

まとめ

いかがでしたか。
潮干狩りの服装やアイテムは意外と重要なことなので、
しっかりと準備して楽しい潮干狩りをできるようにしましょう。

 

たのしい潮干狩りになりますように♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m
  2. 新幹線2
  3. f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m
  4. ハイキング1
  5. skytee
  6. a2270746a0ecec003524160f5e642869_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ