潮干狩りの貝の塩抜きの仕方は?保存法は?食べ方は?

この記事は2分で読めます

a2270746a0ecec003524160f5e642869_m

あなたはアサリの砂抜きの仕方をご存知ですか?

 

せっかく潮干狩りで貝をとっても丁寧な塩抜きをしないと旬の味も台無しになってしまいます。
砂抜きが甘いと、調理をしてもがっかりな結果になってしまうかも?

 

貝をおいしく食べるために正しい砂抜きの仕方を確認してみましょう。

 

潮干狩り 貝 砂抜き

砂抜きは取った貝をおいしく食べるために必要なことなので丁寧にやるようにしましょう。

 

貝の砂抜きはの手順を以下にまとめました。

 

①現地での洗浄

浜から貝を持ち帰るときは水道水に軽く潜らせて貝同士をこするように洗いましょう。
これをするとアサリが真水に驚いて活動が鈍くなり、無駄に体力を消耗しなくなるのです。

 

②輸送
そして輸送するときに水から上げた状態でクーラーボックスに入れて持って帰りましょう。
クーラーボックスがない場合はバケツに海水を入れて貝をつけておくようにして温度の上昇を避けましょう。

 

③砂抜き

砂抜きですが、貝をおいしく食べるためのちょっとしたコツがあります。

それは潮干狩りをした海岸の海水で砂抜きをすることです。
貝が住んでいた海岸の水は貝にとってよい環境の水なので、真水で砂抜きをするよりも短時間で砂抜きができるのです。
海水を持ってこれない場合は、3%の塩水を作ることでも代用はできます。

3%塩水は1リットルの水に30gの食塩を入れることで作れます。

 

その他、貝を砂抜きするときは重ならないように平たく並べるとしっかりと砂抜きができます。

これは上に重なった貝が吐いた砂を下の貝が吸い込むことを避けるためです。

342d4016530db90bee2560610e2c8f33_m

さらに貝の下に網などを入れておくことで砂が落ちます。
このとき上にふきんなどをかぶせるなどして少し暗くするとさらに短時間で砂抜きができます。

 

ちょっとしたことをやっておくだけで貝のおいしさは変わります。

丁寧に塩抜きや砂抜きをするようにしましょう。

 

潮干狩り 貝 保存法

貝の保存方法ですが、貝を保存する場合はぬらした新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

貝は体力を消耗すると味が悪くなってしまうので、早く食べるようにしましょう。
できれば潮干狩りの日から3日以内には食べてしまうようにしましょう。
余ってしまって消費しきれない場合は冷凍してもよいですが、風味や食感が悪くなりやすいので、おいしいうちに食べるようにしましょう。

 

潮干狩り 貝 食べ方

砂抜きが済んだらざるに上げて1時間は塩抜きをさせましょう。
海水を吐き出させないと料理したときに塩っぽくなってしまいます。
それでも塩分が気になる場合は流水で洗うと軽減されます。
料理をするときは薄味にすることで、塩味の強さが気にならなくまります。

 

アサリの料理をご紹介します。

 

●アサリの酒蒸し
潮干狩りをしたら一度はやっておきたいのが酒蒸しです。
にんにくと生姜を少々をいれて、弱火にかけ香りが立ってきたら、あさりと酒と醤油を入れ、蓋をして蒸し煮にしましょう。
アサリが開いたら蓋をとり、火からおろしてねぎを添えてできあがりです。

9b94a8d37b8f85170eed59dff004ef6f_m

 

●アサリの炊き込みご飯
普段のご飯が一気に豪華になります。
アサリと一緒に炊き込みたい具材(にんじん、キノコ、あぶらあげ、ひじきなど)をといだお米と炊飯器に入れて炊飯。
味付けは醤油酒みりんを大さじ一ずつで入れるといいでしょう。

769994e529f8553613963bd4b1105c67_m

 

 

●アサリのバター焼き
鍋にあさりとバター、みりん、酒をいれる。
中火に書けて貝が開くまで煮る。

 

62564e62c62db2b5eb1b5de63dec26a0_m

 

まとめ

いかがでしたか。
潮干狩りに行ってもせっかく取ったものがおいしく食べられなければがっかりな結果になってしまいます。
丁寧に砂抜きをしておいしく貝を食べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. b8b7058203f3a7f43e38643b946e4b5b_s
  2. ハイキング1
  3. 新幹線2
  4. f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m
  5. f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m
  6. c306a2ca5a494984ae1c3bd7c4e08d6e_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ