ディズニーランドって?混雑はどうなの?持ち物は何が必要なの?

この記事は4分で読めます

DSC_0570

春ですね。
ディズニーランドはイースターの季節です。

ディズニーランドが大好きな方、特別興味がない方。
どちらの意見ももっともな理由があると思います。

 

でも、修学旅行やデート、家族旅行などで好むとこのまざるとにかかわらず
ディズニーランドに行く機会が全く無い方は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、好みではないが、ディズニーランドに行くことになってしまった方向けの
ディズニーランドの情報をまとめてみました。

 

ディズニーランド

漠然としているディズニーランドのイメージ。
せっかくですから、ディズニーランドってどんな所かちょっとだけマメ知識をまとめてみました。

東京ディズニーランド(とうきょうでぃずにーらんど:略称はTDL)は1983年に開園した、
千葉県浦安市にある東京ディズニーシー (TDS) と東京ディズニーリゾート (TDR) を含む
テーマパークです。
主役は日本では知らない人がいない位有名ですが、ネズミをモチーフにした
ミッキーマウスが主役です。

 

他のディズニーパークと違い、誘致当時の経緯からディズニーグループによる直営ではなく、
オリエンタルランド (OLC) がディズニーからライセンスを取得して運営している点に
特徴があります。

 

運営はオリエンタルランドですが、著作権等はウォルト・ディズニー・ジャパンが持っています。
これは、建設当初に、ウォルト・ディズニープロダクションズのお家事情があり、
費用をオリエンタルランドが負担するということで建設を許可されたいきさつがあるのです。

 

2016年現在、世界で5つあるディズニーのテーマリゾートのうち、運営会社に
ディズニーが全く出資していないのは、
東京ディズニーリゾートと東京ディズニーランドのみです。
(正確にいうと運営会社のオリエンタルランドに出資していないという意味です)

 

その点では、東京ディズニーシーと東京ディズニーリゾートは
世界にまれにみる存在なのかもしれません。

 

2014年には、3137万7000人 の入園数を記録しています。
重複して来園している人もいますが、単純計算では日本人の人口の3割が来園しているということになります。

 

と、なると、そこまで人気があるものなら、付き合い方を知って、
うまくお付き合いをしてみたほうが、色々と、得なことも多いのではないでしょうか。

 

ディズニーランド 混雑

ディズニーランドが好きでない方の上げる理由の一つに「混雑」があります。
お気持ちはわかります、正直私も混んでいる場所は嫌いです。

混んでいる日は来場が8万人を超えているともいわれています。
多いようですが、お台場のイベントのコミックマーケットが1日20万人なので
その半分程度です。

また、学生が春休みの3月や8月、ゴールデンウイークを避ければ、混雑は
ずいぶんましになります。

 

実は、混雑していても、乗り物に乗るのに長蛇の列に並ばなくても済む方法はあります。

以下、混雑でもスムーズにディズニーランドを楽しむコツをご紹介いたします。
こちらは私が実際に使っている方法です。

 

 

1、開園と同時に入場する。

2、グループで入場の場合は役割分担をします。
  今回は4人組を想定していますが、2人や3人の場合は、どれか優先するのもを選んでみてください。
 

Aさん:ファストパスという、時間指定ありの入場優先チケットを開園と同時にゲットしまくる。
メンバー全員のチケットを預かってファストパス発行場所に行く。
ただし、ファストパスは超人気の乗り物8つに限られます。

発券後は次の発券まで時間がかかるのでよく考えて選びましょう。

 

Bさん:お昼のレストランを予約する。
ネットで予約が出来ていない場合の当日予約は朝一番で先着順なのです。

うまく予約できなかった場合は、ハウス食品のカレーか明治のパンがオススメ。

 

Cさん:ターキーレッグやチキンレッグを買いに行く。
ターキーレッグやチキンレッグは本当に並びます。
食べたい場合は、早めの時間に並ぶことをオススメします。

 

Dさん:パレードを見たい場所にビニールシートをひきに行く。
パレードでいい場所をとるのには、速めの行動が必要です。
早い人は数時間まえからいい場所にシートを敷き始めます。
いい写真をとりたいなら特に場所を選ぶ必要があります。

私のおすすめは、パレードの最後のトゥーンタウンの扉の近くです。
キャラがこちらを真正面に向いてくれます。
 

あらかじめ役割分担をきめておき、何に乗るか?
パレードは何をみるか?をきめておけば、その時間をさけて乗り物にも乗れます。

乗り物は、スプラッシュマウンテンやビッグさんサーマウンテンなどの絶叫系が、
大変混雑します。

先にそういう混む乗り物のファストパスを取っておくとその後の行動がスムーズに
なります。

 

また、疲れたら、お店にはいったり、ベンチでこまめに休むとよいでしょう。
園内限定のアプリをダウンロードもお忘れなく。

混雑状況も見ることが出来て便利です。

 

ディズニーランド 持ち物

ディズニーランドを朝から夜まで楽しむ持ち物をまとめてみました。

 

・お金

すこし多めがオススメです。

 

・カメラ

沢山写真をとるなら2台用意するのおすすめです。

メモリーがなくなったり電池が切れた場合は悲惨なことに。。。。(経験者です)

一眼レフなら、望遠と夜用のレンズもあるとなお良いです。

 

・携帯の急速充電器

何かと携帯の電池の消耗は激しいです。
仲間と連絡が取れないと結構悲惨です。。。。

 

・防寒用の上着

夜が冷える場合はあると便利。暑いときは日焼け防止になります。

 

・並んでいるときの遊び道具

ナンプレや小さめの本やゲーム機もあると便利です。

 

・ウエットティッシュ

チキンを食べたときはよごれやすいので。

 

・ビニールシートとお知りの下に引く簡易クッション

パレードのときは、これがあるとほんとうにべんり。

 

・のみもの

1リットルの大きいサイズが私は押すすめです。

紙カップがあるとよいかも。

 

・日焼け止め

女性は特に必須です。

 

上記はほぼ、マストなグッズをまとめました。

自分で使っているものなので自信をもっておすすめします。

 

準備が不足していると、悲惨な目に合うので準備は念入りに♪

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

私はかつてアンチディズニーでした。

しかし、最近、楽しみ方を知ってからはずいぶん楽しめるようになりました。

 

どうせ経験するなら、うまく活用できたほうが人生は楽しいです。

あなたのディズニーランドですごす時間が少しでも快適なものになりますように!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 7bd907db6e3bf8b644ccebb7a31d5313_m
  2. img_3648
  3. neko0125
  4. DSC_0210
  5. DSC_0563
  6. ディズニー家族

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ