新居浜太鼓祭りとは?見どころは?日程は?

この記事は2分で読めます

taiko

皆さんは四国の新居浜太鼓祭りというお祭りをご存知ですか?

 

この新居浜太鼓祭りは四国の中でも特に有名で四国三大祭りと呼ばれています。
ほかの四国三大祭りは、「阿波踊り」「よさこい祭り」です。
新居浜太鼓祭りの他の祭りとは違う魅力が人気の理由です。

 

今回はそんな新居浜太鼓祭りのことについて紹介します。

 

新居浜太鼓祭りとは

この新居浜太鼓祭りは愛媛県新居浜市を代表する秋祭りで、市内最大のイベントとして多くの観光客が訪れます
今年は10月16日から18日までの3日間催され、市内を金糸銀糸に彩られた50台以上の太鼓台という山車が練り歩きます。
その姿はまさに豪華絢爛の一言。

 

この祭りはもともと、空きの豊作を祝って新居浜の市内各地で行われています。

 

しかしこの新居浜太鼓祭り、四国三大祭りとしても有名ですが、日本三大けんか祭りとしても有名です。

祭りの起源は明らかではないですが、平安から鎌倉の時にはあったそうで、とても歴史のあるおまつりです。

また、新居浜市の太鼓台は周辺の市町村の太鼓台にも大きな影響を与え、この周辺では新居浜の太鼓台と同じものが使われています。

 

新居浜太鼓祭りの見どころ

この新居浜太鼓祭りのみどころは、かきくらべでしょう。
通常は車輪がつけられて運行されるがかきくらべでは、車輪をはずして約2.5トンの太鼓台を150人のかき夫という担ぎ手が天高く担ぎ上げる姿はまさに圧巻です。
更に耐久時間を競ったりするのですから、とてつもない迫力があります。

 

その中でも有名なイベントが「喧嘩」です。

もちろんただの喧嘩ではなく、新居浜太鼓祭りでの喧嘩は、鉢合わせとも呼ばれ、太鼓台同士をぶつけ合ってするのです。
このイベントが新居浜太鼓祭りの一大イベントのひとつでもあり、新居浜太鼓祭りを有名にしている要素のひとつでもあります。
この太鼓台同士のぶつかり合いは一見の価値はあります。

しかし、3トン近くの山車をぶつけ合う上に担ぎ手も結構血気盛んなので毎年怪我が絶えません。
それでも平安時代が起源とも言われる大変歴史のある勇壮華麗なおまつりなのです。

そしてこの新居浜太鼓祭りの花ともいえる太鼓台は金糸や銀糸に彩られ、一つ一つがすばらしい山車になっています。

この山車は本当に一見があります。

 

余談ですが、けんかもやりすぎると、みこしは県警の機動隊からその日のうちに解体され、翌年は参加できなくなるそうです。激しいですね。

 

fca099d336e54b44f137c76315cca50e_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新居浜太鼓祭りの日程

新居浜太鼓祭りの日程について紹介いたします。

10月16日は8:30~20:30まで。
10月17日は9:45~20:30までと始まりが少し遅くなっています。
10月18日は9:00~18:00とこの日は終わりが早くなっています。

ちなみに、駐車場が少ないので、お昼頃には山根公園駐車場や新居浜駅周辺駐車場も満車になります。

駐車出来なかった車が渋滞をつくるので、車で来る場合は午前中の早い時間に行けば停められることでしょう。

電車でいく場合の最寄り駅は新居浜駅ですが、お昼過ぎには混雑するので自家用車の方は、午前中には現地に行っておいたほうがいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は四国の中でも有名なお祭りを紹介しました。

 

この新居浜祭りは波踊りやよさこいのように万人受けはしにくいですが、祭りにかける熱意だとか、情熱のようなものを感じれるのがこの祭りのよいところだとおもいます。

 

興味がありましたら一度愛媛に足を向けてみてはいかがでしょうか。
祭りを楽しんだ後は活き鯛飯を食べるというのも楽しいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. maturi
  2. 35a031d5a9e6b5115a43718d513dd802_m
  3. ハマー君
  4. pribiwa
  5. tanzaku
  6. yokohamahanabi

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ