川越祭りの日程は?見どころは何?アクセスはどうなの?

この記事は2分で読めます

kawagoedashi0

皆さんは川越祭りを見に行ったことはありますか?
東京から近く、行きやすさもあり、長い歴史と伝統のあるお祭りとして有名です。

小江戸川越は蔵造りの落ち着いた街並みで有名ですが、この2日間だけは街の雰囲気が様変わりします。
いつもの小江戸川越とはまた違った景色が見られます。

 

川越祭りは「国指定重要無形文化財」にも指定されるくらいにとてもすばらしいお祭りです。

今回は川越祭りの日程や見所、行きかたなどをわかりやすくご紹介いたします。




 

川越祭りの日程

2015の川越祭りは10月17日、18日に行われます。
時間は14時ごろから21時ごろに行われるようです。
14時ごろには市役所前で山車が勢ぞろいしているので必見です。

 

雨天の場合でも小雨程度であれば中止にはなりませんが、ひどい雨の場合は山車が出ないこともあるので当日に雨が降らないことを祈るばかりです。




 

川越祭りの見所

昼の川越祭りは山車の引き回し、豪華絢爛な山車が市内を練り歩きます。
山車が集まった揃いひきはまさに圧巻で、これを見に行くだけでも楽しめます。

そのほかにも山車の出ない囃子連が仮説舞台で居囃子を行います。

笛や太鼓にあわせて、狐やひょっとこの面をつけた踊り手の舞もあります。

 

kawagoedashi

 

夜の川越祭りは昼とはまた違った姿を見せてくれます。

山車に提灯の火がともり、囃子が入り乱れ、曳き方衆の提灯が乱舞する「曳っかわせ」が夜の川越祭りの見どころです。

 

 

1日目は美しい山車と囃子と踊りを堪能できます。
2日目は川越祭りのクライマックスともいうべき「曳っかわせ」が始まります。

午後6時半ごろになると出会った山車同士を向かい合わせて競い合うのです。
明確な勝ち負けがあるわけではないですが、囃子が入り乱れて提灯が乱舞するさまは迫力満点です。

川越祭りの中で一番盛り上がります!

 

川越祭りへのアクセス

川越祭りはとても有名ですばらしいお祭りなのもあってか、2日間で100万人を超える人手が見込まれます。

車でくる場合、当日は交通規制がかかるので午前中には現地入りをしたほうがいいでしょう。
駐車場は無料のスペース用意されていますが、すぐ満車になるのでご注意ください。

 

月並みですが、できれば電車などの公共交通機関を使うのをお勧めします。
川越祭りの期間はかなりの人ごみなので、常連の人がいれば案内役を頼んだほうがいいですね。

このお祭りは市街地の広い範囲で行われるので歩く距離が長くなりやすいです。

 

行き方は、いずれもJR川越駅が最寄りですが、
JR川越線で行くならば大宮からは約20分
東武東上線急行で行くならば池袋から約30分
JR埼京線(新宿駅)快速で新宿から約50分 川越駅下車
西武新宿線特急ならば西武新宿駅から約45分 本川越駅下車
東急東横線で横浜から約78分 川越駅下車

と、行き方は色々あります。

 

基本的に当日は御茶屋などは満席必至ですちょっとした簡易チェアを持って行けばゆったり楽しめるでしょう。

4638e1a88e2bf6fd75c198361de760c3_s

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

川越祭りは昼は居囃子や山車の引き回し、夜は宵山や「ひっかわせ」と一日楽しめるお祭りとなっています。

川越の赴きある街並みとともに楽しめること間違い無しです。

 

興味がありましたらぜひ川越祭りに足を運んでみてはいかがでしょうか。





 

参考
http://www.kawagoematsuri.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. pribiwa
  2. tanzaku
  3. yokohamahanabi
  4. maturi
  5. 35a031d5a9e6b5115a43718d513dd802_m
  6. 4216080b5bb4714d1224e352457544e1_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ