インフルエンザの時期は?検査は?流行は?

この記事は2分で読めます

インフル1

今年もそろそろインフルエンザの流行のシーズンが近くなってきました。

 

インフルエンザは手洗いうがいといった予防をしても周りで流行り始めると防ぐのは難しい部分もあります。

いつもの風邪とちょっと違うなとおもったらインフルエンザの検査を受けたほうがいいとおもいます。

今回は、インフルエンザの検査法や、時期などについてまとめてみました。

 

インフルエンザ 時期

感染すると症状も重くなるインフルエンザですが、一番の対処法は手洗いうがいなどの予防になります。

 

しかしそれにしてもなぜ毎年同じ時期にインフルエンザがはやるのでしょうか?

 

それは毎年毎年インフルエンザウイルスが変異しているからです。突然変異をすると、以前に受けた予防接種はあまり効果がありません。

 

ウイルスの中でも変異しやすいのがA型ウイルスです
ある時期には流行っているのは大体このウイルスのせいです。

 

大体12月上旬から翌年の2、3月くらいがピークらしく、暖かくなれば減っていきます。

B型は変異しにくいので、予防接種が効きやすいようです。

 

インフルエンザ 検査

インフルエンザかどうかは医者にいかなければわかりませんが、風邪とインフルエンザの違いを知っておくだけでも広まらせない一助ぐらいにはなると思います。

 

発熱が38度以上であればインフルエンザが疑われます。

風邪の場合の症状はのどの痛みや鼻水ですが、悪寒が強かったり関節痛があった場合もインフルエンザかもしれません。

 

インフルエンザは検査するときのどや鼻の奥から拭い液を取り、検査キットで判定しています。15分程度でわかるものらしいです。

 

費用は医療保険があれば、3割負担で2000円弱です。

私も冬はインフルエンザの検査に行きますが、鼻の穴に検査キットを入れるのはいまだ慣れません。

 

インフルエンザ 流行

インフルエンザの流行情報は、調べてみると、小学校でインフルエンザの集団感染が多く起きてることがわかりました。学校は感染元になりやすい場所です。

 

また、電車でも大量感染しやすいそうです。

 

インフル2

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

インフルエンザはかかるととても辛いので、できるだけかからないように予防は怠りなくしましょう。

インフルエンザになってからでは手遅れです。

常に手洗いや、うがいは心がけるようにしましょう。

また、免疫力がさがるとインフルエンザにかかりやすくなるので、睡眠不足やビタミン不足にならないようにもしましょう。

 

インフルエンザに無縁な冬をすごせますように。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. おかあさんと子供
  2. 大人風邪
  3. 子供病気

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ