喪中ハガキとは?いつ出すの?マナーはどうなの?

この記事は2分で読めます

はがき

皆さんは喪中はがきを送るようにしていますか?

年末近くに喪中だったりするとおろそかになりがちですよね。

今回はあまり使う機会がないけれど大事な、喪中はがきについて紹介します。




喪中はがきとは

喪中はがきとは1年以内に近親者に不幸があった場合個人に生前の感謝を示し、年末年始の挨拶や年賀状を控えることを書きます。

はがきには、喪中であること、誰がいつ亡くなったのか、新年を祝う会のようなものには参加できないことを書いておきましょう。。

前もって年賀状をいただきそうな人には出しておくとスマートです。

はがきに書くのは喪中なので年賀に欠礼するということ、故人との続柄、来年の変わらないお付き合いのお願いなどです。

これ以外のことは基本的に別の挨拶状などで伝えましょう。




喪中はがきはいつ出すの

喪中はがきを出すのは年内です。
年始の前に届いていれば問題ないそうです。

また送る人ですが、年賀状のやり取りをしている人、毎年送る人、故人の葬儀に参加してくださった方々にも送っておくとよいのではないでしょうか。。

<h3喪中はがきのマナー

喪中はがきを誰に出したらいいかですが、大体年賀状を交換している方々に出すくらいで大丈夫でしょう。

もし喪中はがきをもらった場合は、年賀状を送るのは控えましょう。
もしも近況などを伝えたければ松の内(1月7日)を過ぎたら寒中見舞いを送るという人もいますが、大体は年賀状を出さないというだけでとどめるでしょう。

このような冠婚葬祭関係は地域によって少しずつちがうので注意です。

手紙

まとめ

いかがだったでしょうか。

喪中はがきは特に必ず送るものではないですが、出しておくと、何かあったときに欠礼しても失礼には当たりません。

故人の弔いは大事ですのでしっかり時間が取れるようにこのような喪中はがきだけでも送っておくとよいでしょう。

悩んでいる方の参考になれば幸いです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ひっこし
  2. カタログギフト
  3. 静電気
  4. 113186
  5. 手帳
  6. 754e13ff17a2c9c64880c948ed132ee9_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ