富士登山の山小屋はどうなの?人気は?価格は?

この記事は2分で読めます

bf47d1333dea96e0bae67ca3d32dfa05_m

皆さんは富士山を登るとき山小屋は活用していますか?

一度は富士山に登ったことがある人ならわかると思いますが、ちょくちょく休憩が必要になります。
今回は、富士登山でお世話になることが多い、山小屋についてご紹介いたします。

富士登山で山小屋を活用しよう

山小屋と聞くと宿泊だけするものと考える人も多いでしょうが、ほかにも

ちょっとした休憩所や売店としての役割があります。

 

休憩所は飲み物や軽食を頼むと利用でき、ここで軽食を取るひとも多いですね。

売店を使う上で重要なのは、上にあがればあがるほど物価が高くなるということです。

500mlの水を買うのに500円近くかかる場所もあります。
とにかく上に物を持っていこうとするとお金がかかるからです。

 

山小屋では宿泊した人に夕食や朝食を振舞ってくれます。
食べ物はカレーライスなどのサッと食べれるものが多いようです。

 

山小屋とはいっても気軽に水が使える環境ではないので風呂などはありません。
必要な人はウェットティッシュなどを持参しておきましょう。
もちろんトイレはありますが、処理方式が水洗でない場合もあるのでご注意ください。

 

富士登山のどのコースにも山小屋がありますが、宿泊は予約制になっていることが多いので確認しておきましょう、
山小屋の数は吉田コースが、ほかのコースに比べると多いようです。

 

富士登山の山小屋で人気なのは?

まず、山小屋で何かを購入する場合は、8合目よりも7合目がいいです。
理由は、8合目は7合目に比べると値段が高いこと。そして収容人数が7合目よりも倍近く多いため、込み合うと、館内がなかなか騒がしいです。

 

また、私見ですが、8合目は7合目に比べるとサービスが雑に感じました。
それも人数ゆえ仕方のないことなのでしょうが、ゆったりと体を休めたいときに騒がしくゆったりできないのは少し厳しい面があります。

 

私が7合目を進める一番の理由は寝やすさです。
山小屋をとるからにはしっかりと休みたいのですが、7合目は8合目に比べると寝つきがよく、疲れが取れやすいからです。

以前8合目に泊まったときはしっかりと休めず断念したことがあります。

 

その経験から、おすすめするのは7合目にある鎌岩館です。
ここのよいところは、ホームページがとても充実しているところです。

 

初心者向けの装備の説明やイベント情報、タイムスケジュールなどもあるのがとてもよいですね。タイムスケジュールはコースを考えるのにとても役立ちます

 

どこに泊まるか悩んでいる方は一度ホームページを見てみてはいかがでしょうか。

 

富士登山で使う山小屋の価格は?

山小屋は一泊二日で約7000~8000程度の値段になっています。

ちなみに、山小屋の中には宿泊でない人がトイレを使う場合は

チップを要求されることがあるので、小銭を用意しておくとよいでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

富士登山は1日で登ろうとするのはとても危険なため、体力に自信がなければ

山小屋を上手に利用することをおすすめします。

 

体調には気をつけて登山を楽しみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. SONY DSC
  2. ハイキング1
  3. c306a2ca5a494984ae1c3bd7c4e08d6e_m
  4. 512f57b932b1bfd2ffafaa7b817dbf14_m
  5. f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m
  6. f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ