年賀状の一言とメッセージは?添え書きはどうする?タブーはあるの?

この記事は2分で読めます

72b227360943f9639c6ec3a986503780_s

皆さんは年賀状を書くときどのような一言を添えていますか?

年賀状に添える言葉って毎年悩むことが多いですよね。

困ったときに添える一言として定番なのが、
「あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。」といった言葉ですが、これだけではちょっと味気ないのではないでしょうか。
できることならちょっと気の利いた一言を添えてたほうが見栄えがよくなるでしょう。

しかし最近だと、そういった文章もほとんど印刷なことが多いです。
ただイラストや文章を印刷して終わりでは届いたとしても印象の薄い年賀状になりかねません。
しっかりと自筆で添えるようにしましょう。

今回は、上司や友人、目上の人へ送るときなどさまざまなシチュエーションで使える一言と添え書きをご紹介します。

年賀状の一言とメッセージ

年賀状の一言は目上の人に向けるときと、友人などの親しい人に向けるときで変える必要ががあります。
年賀状の書き方によっては相手に悪印象を与えてしまうこともあるので、注意して書きましょう。

たとえば上司や目上の人に向けて書くときは、目上の人に対する礼儀を重んじるような文章が好ましいでしょう。
「本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。」
「昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます。」
「年頭にあたり 本年も変わらぬご指導をお願いいたします。」
「皆様お元気で幸多き年となりますように」などが定番なのではないでしょうか。
もしくは、「○○では、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。」のような少しプライベートなことを絡めてみるのも高評価なようです。

ほかにも友人に送るときなどは気にかけているということを伝えたり、心配しているということを伝えると好印象なことが多いです。
「おかわりありませんか?」
「その後、お元気ですか?」
「寒さの折、ご自愛くださいませ」
「お身体に気をつけてください」といったものを添えておくと印象に残りやすい年賀状になります。

年賀状の文章ひとつで印象が変わったりすることもあるので、年賀状の一言はとても大切なのです。

年賀状に添え書きをしよう

年賀状を書く上で一言も大切ですが、添え書きをするだけでも印象がよくなります。
日ごろお世話になっていり人へのお礼、今年の目標、最近の出来事や近状を書いておくとよいでしょう。
ほかにも引越しの予定などのすでに決まっていることを報告してもよいでしょう。
困ったときの常套句な相手を気遣った言葉として、
「ご健勝をお祈りしています」
「楽しいお正月をお過ごしください」
「いつもお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです」などの言葉を手書きで書いておくだけでも印象が様変わりするものです。

年賀状のタブー

皆さんは年賀状を書くときのタブーって知っていますか?

たとえば年賀状で「去年」という単語は「去る」という字が含まれているためお祝いの場では使うべきでない言葉なのです。
ほかにも、「古い」「乱れる」といった単語は年賀状だけでなく、手紙で使うべきでない単語とされています

また、目上の人に対して「賀正」や「迎春」といった単語はふさわしくないので「謹賀新年」「謹賀新春」などの単語を使ったほうがよいでしょう。

もちろん、年賀状が来たのに返さないというのもよろしくないとされています。
もし年賀状を送るのが1月7日以降になりそうなときは、寒中見舞いという形で送れば問題ないとされています。

そして少し意外なのが「年賀」という単語を書く以外で赤インクを使うのは、目上の人に対して失礼になってしまうようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年賀状は1年で最初の大切な行事といっても過言ではありません。

皆さんも今年は少しこだわった年賀状を友人や上司に送ってみてはいかがでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 節分2
  2. 9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
  3. 717b1bf9aecf3727eb3da9f0a2d468c0_m
  4. ac9006ddfd992a9722cda47edcaf374e_m
  5. 28a8f5d2215a994443635cd0d91d3168_m
  6. 82cb9347c6236accb8839ff3c002652c_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ