一人でケーキバイキングはどう?カフェはケーキ屋

この記事は2分で読めます

sweets1

皆さんはケーキは好きですか?
最近だと甘いものは女子の間だけではなく、男性の間でも人気です。
しかしいろいろなお店でスウィーツを楽しんでいても、一人でケーキバイキングには入りにくいという人も

いるのではないでしょうか。

そんな人はウォーミングアップとしてケーキ屋やカフェなどに行ってみませんか?

 

今回は、おもに男性向けのケーキバイキングに関しての心構えをまとめてみました。

最後には、おすすめのバイキングもご紹介しています。

 

一人 ケーキバイキング

ケーキバイキングのお店の中を見ると若い子やきれいな子がいっぱいいたりして

なかなか入りにくい印象がありませんか?
実際私も近くに新しくできたケーキバイキングのお店に入りたいけれど、若い子がいっぱいで

浮いたりしないかと心配になったことがあります。
そのときの私は勇気を振り絞って入店してましたが特にじろじろ見られたり気にされませんでした
新しいお店に入るのはちょっと緊張しますが、店に入ってしまえば気にならないものです。

入りにくい人はカフェから始めてみましょう。

一人 ケーキ カフェ

一人でケーキバイキングに行くのは恥ずかしいという人は、カフェに行くことから初めてみましょう。
スウィーツなカフェはバイキングと比べて店内が静かで落ち着いた雰囲気の場所が多いので、

リラックスしながらスウィーツを楽しむことができます。
バイキングはちょっと行きにくいという人にはぴったりです。

 

以前一人でザ・リッツ・カールトンに一人で行ってきましたが、バイキングでは食べられないような

おいしいシュークリームが食べられました。
カフェはバイキングとはまた違ったスウィーツが味わえるお店もあるのでさがしてみてはいががでしょうか。

 

甘いものは食べたいけど一人で入りにくいという人には珈琲所コメダ珈琲店もおすすめです。
カフェかといわれると微妙ですが、コーヒーも楽しめますし、男性でも入りやすい店構えではないでしょうか。
特にコメダのシロノワールは一度は食べに行く価値ありです。
スウィーツではないですが、ドリンクについてくる豆菓子がシロノワールを食べるのにぴったりだと思っています。

swets2

一人 ケーキ屋

ケーキ屋に行って買うのもおすすめです。
「男が一人でケーキや行って変に思われたりしないだろうか」と気にすることはありません。
ケーキ屋に一人で来る男性は最近は結構多く、ケーキ屋のイートインで一人ケーキをたくさん食べている人も見たことがあります
上品なケーキ屋でも意外と一人で食べている人はいるのでそこまで気にせず入ってみましょう。
スーツで着ている人もいたりするのでそこまで気を張らずにリラックスして入ってみてはいかがでしょうか。

きっと新しいケーキとの出会いがあると思います。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

個人的な話ですが、先日入ったパンケーキ専門店には、バリバリのスーツを着たサラリーマンのオジサマ達が集団でパンケーキを食べていました。

ちょっと、びっくりしましたが、ほほえましい風景だなあと感じました。

美味しいものを食べている人間は、幸せそうですね。
最近はそれぞれのお店がいろいろ志向を凝らしたスウィーツを出しているので、

スウィーツ食べ歩きがとても楽しくなっています。
恥ずかしくては入れないでは、せっかくの出会いも逃してしまいます

勇気を出して一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

最後になりましたが、安価で一人で入りやすいバイキングをご紹介いたします。

 

●ムフタール ドゥ パリ(西新宿)

料理とスイーツが食べられてコスパが良い。1750円。

 

●マーブルラウンジ(新宿)

ヒルトンホテル内にある。超有名どころです。24時間営業(゚Д゚;)

5/23から8/27まで「アリスからの招待状デザートフェア」を開催してます。

値段は3000円代でサービス料などが別途かかります。

 

●スイーツパラダイス(新宿、池袋)

70分1530円。パスタもありコスパよし。

 

バイキング(ビュッフェ)ではありませんが、マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティ

椿山荘のアフタヌーンティーも一人ではいれますよ。

 

何かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. eaf0a9ab95c4f73f1d830a2ddd338ab4_s
  2. なべ2
  3. 275448
  4. SONY DSC
  5. 6ccb2725259a1299252d7fa538450ed6_m
  6. ざるそば

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ