新年の挨拶メールはいつまでに出す?メールの件名は?上司にはどうする?

この記事は2分で読めます

pc

皆さんは新年の挨拶を取引先などに言うときいつごろメールを送ればよいのかご存知ですか。
多くの人はお正月休みが終わり最初の仕事が新年の挨拶回りという人も少なくないのではないでしょうか。
いろいろな会社に顔を出しているうちに1月の一週目が終わっていたなんて事もありえるでしょう。
そんな時、新年のご挨拶でいったいいつごろまで「あけましておめでとうございます」を使っていいものなのでしょうか。
ほかにもメールで新年の挨拶をするときの送るタイミングだったり内容がよくわからない人もいるのではないでしょうか。
今回はビジネスでとても大切な新年のご挨拶とメールで送るときの内容について紹介します。

 

新年の挨拶 メール いつまで

一般的にメールで新年のご挨拶をするときはできれば仕事始めの日の至近に送ることが望ましいとされています。
もし仕事始めに遅れなかったとしてもできるだけ早い段階で送りましょう。
「あけましておめでとうございます」という言葉は明確な区切りはないそうですが、1つの目安としては仕事始めから一週間程度と考えて問題ないでしょう。
もしくは「今年もよろしくお願い致します」としても問題ないでしょう。
地域によっては松の内の1月7日までだとか、小正月の1月15日までだとか地域ルールがまだまだあるのでそこはあわせていきましょう。

 

新年の挨拶 メール 件名

件名は言わずもがなとても重要のものです。
件名のテンプレとしては「明けましておめでとうございます」「新年のご挨拶」「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」等が挙げられるでしょうか。
目上の人などに対しては「謹賀新年」や「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」などが最適でしょう。
この件名も誰に当てるかで使い方を変える必要があったりするので注意です。
一番重要なのはスパムメールなどに間違えられないようにするといったところでしょうか。
仕事用のパソコンではなく自宅のパソコンなどから送るとスパムメールと判断されやすいです。

diary

新年の挨拶 メール 上司

上司や目上の人に対してはしっかりと挨拶を済まして気持ちよく1年をはじめたいという人も、少なからずいるのではないでしょうか。
もちろん仕事初日に顔を合わせることでしょうが、やはり年賀状を送ると印象がとても違います。
最近だと年賀状代わりにメールという人が増えていますが、目上の人やお年を召した方に対しては年賀状のほうが好まれる場合が多いです。
人によってはメールでの新年の挨拶を好ましく思わない上司も一定数います。
いわゆるお堅い上司のような人にはできるだけ年賀状を出しておくとよいでしょう。
また、直接聞いても教えてくれない上司などの場合はメールで問題ないでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
新年のご挨拶回りは社会人に不可欠なものといっても過言ではありません。
うまくやれば評価も上がりやすくなるので、新年の挨拶をしっかりして気持ちよく始めましょう。
何かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 年賀状1
  2. b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s
  3. 手紙
  4. 年賀状1
  5. 手紙2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ