七草粥の由来は?いつ食べるの?献立は?

この記事は2分で読めます

粥

皆さんは1月7日に七草粥を食べた経験がありますか?

風習としては知っていてもやったことない、食べたことないという人は少なくないのではないでしょうか。
そして七草粥がどのような理由で食べられているのかも意外と知られていなかったりします。

 

今回はそんな七草粥について紹介いたします。

 

七草粥 由来

そもそもなぜ1月7日に食べるのでしょうか。

 

松の内の最後に食べるものと思われがちですが、実は正月行事などではなく人日の節句というものによるものだったりします。

人日の節句は元旦から数えて7日目を人の日として大切にする風習が昔の中国にあったからです。
そしてこの日を人を大切にする節句とし、無病息災を願って七種類の若草いわゆる「春の七草」を入れたおかゆを食べていたのです。地域によっては7つ以上入れたり、もちを入れたりする地域もあります。

 

ちなみに「春の七草」と呼ばれるのはホトケノザ・ハコベラ・セリ・ナズナ(カブのこと)・スズシロ(大根のこと)・ゴギョウ・スズナの7つです。
この7つは春の早い時期から芽吹くことから邪気を祓うと考えられ、実際理にかなった選び方なのです。
ハコベラはミネラルを多く含んだ薬草として、セリに多く含まれている鉄分で増血作用があったりと体によい薬草が選ばれているのです。

 

また、現在のホトケノザは昔のものとは種類が違い、食用のものではないそうです。

ですが実際はそこまでこだわらなくても大丈夫です。

 

正月になるとスーパーで春の七草セットとか売っていますがわざわざ買わなくてもいいのです。
もともとのルーツが7種類の若草を食べることなので家にあるほうれん草や三つ葉などでも大丈夫です。

 

七草粥 いつ

この人日の節句は無病息災を願うとともに厄払いの意味もあります。
一般的なやり方だと、6日の夜に厄を祓うお唱えをし、7日の朝に七草を入れたおかゆを作り、神様にお供えしてから家族で食べます。
ですので、6日には七草を買っておく必要があるのです。
七草粥を食べるのが神事だというのはあまり知られていないのではないでしょうか。

七草粥にはほかにもさまざまないわれや由来があったりするので一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

朝に食べるのであればお粥はちょうどいいかもしれません。

引用 http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa-koubugyoji.html

 

七草粥 献立

七草粥の簡単な作り方は炊飯器のおかゆモードで炊くことですが、早さでいえばお鍋で作ったほうが早いでしょう。
一緒くたにして炊くのではなく七草を少し湯にくぐらせてから水にくぐらせると色鮮やかになります。

 

正月料理で疲れた胃を休ませるという意味では七草粥だけでも問題ないですが、それだけではちょっと物足りないという人は漬物や魚系の料理を一緒に食べてはいかがでしょうか。
たとえばシラスや塩昆布、浅漬けや梅干などを混ぜても楽しめるでしょう。
適度におなかも膨れますし、体にもいいです。
料理をしたくないという人はお米ではなくお餅でもいいでしょう。

大事なのは厳格な形式ではないのです、雰囲気がよくなればそれでもいいのです。

七草

まとめ

いかがだったでしょうか。
七草粥は正月の区切りとしてとてもちょうどよいので一度やってみてはいかがでしょうか。
正月料理による胃の疲れもよくなりますし、なおかつおいしいです。

何かの参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. てんぷらそば
  2. 013
  3. えほうまき
  4. bagetto
  5. f83cbe20fe4fdc3fd0240e6dcc88287c_m
  6. あんこおはぎ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ