卒業式の服装・母親は?服装はスーツがいいの?タブーはあるの?

この記事は2分で読めます

卒業式1

学生の子供をお持ちのお母さんは卒業式のための服の準備は済んでいますか?
卒業式は学生生活最後のを飾るイベントでありながら、学生生活の集大成といっても過言ではありません。

そして卒業式でお母さんが一番気になるのは服装ではないでしょうか。
間違った服装で行くと自分やお子さんも恥をかいてしまうので、気持ちよく終われないかもしれません。
そこで今回は卒業式のときのお母さんの服装について紹介します。

 

卒業式 服装 母親

卒業式に着ていくのにちょうどいい服がないのであれば、いい機会なのだから買おうと考えるお母さんも多いのではないでしょうか。
これまでの学校生活のサポートのご褒美として買ってもいいのでは?
人によっては入学式でも使えるものを買いたいと思うお母さんも多いとおもいます。

 

しかしちょっと待ってください。
卒業式や入学式にはそれぞれある程度暗黙の了解として、服装のカラーが決まっている場合が多いのです。
それを考えずに選んでしまうと失敗することがとても多いのです。

なぜなら卒業式は子供の成長を祝う式でもありますが、先生や友達とのお別れの意味もあります。

 

一方入学式は出会いと始まりの式です。

ですのでそれに合わせた服装にすべきなので、入学式は明るい色が定番ですが、卒業式は黒か紺が好まれます。

これらを無視していくと黒や紺の服装をしている中に明るい色の服装の女性がいるという状況になりかねません。

 

卒業式が始めてのお母さんはワンピースとスーツで悩むと思いますが、卒業式ではデザインよりも色のほうが重視されます。
ですので基本的に色をしっかり守っていれば恥をかくことはありません。

 

卒園式 服装 スーツ

初めてのお母さんの中にはどのデザインの服装でいけばいいのかとても悩む方もいるのではないでしょうか。

スーツにするにしてもスカートスーツだったりパンツスーツとあります。
そんなときにとても簡単ですがとても大切なことをお教えします。

 

それは、同じ学校や幼稚園などの卒業経験があるママに聞くことです。
卒業式の基本的な形は先ほど紹介しましたが、場所によってはそこオリジナルのルールがあったりします。
私の経験ではブラックフォーマル以外は不可という園があったり、明るいスーツでないといけないという園もあったりします。
このあたりのルールは本当にそれぞれですので園や同じクラスのママ友に確認したほうがいいでしょう。
気楽に聞けるママ友がいなければ延長先生や担任の先生に聞きましょう。
服装の制限はネットなどで検索するよりもこの手が一番確実でしょう。

 

基本を守っていてもそこ独自のルールを守れていないと恥をかくことになってしまいます。
情報はしっかり集めるようにしましょう。

 

持ち物としてはバッグは布製の服装にあったものがいいでしょう。
卒園式には配られるものも多いので紙袋を忍ばせておくと便利です。

アクセサリーなどはきらびやかなものよりも上品なものにしたほうが無難でしょう。

卒業式2

卒園式 服装 タブー

ここではタブーというよりも注意点などを一部紹介します。

 

事前にしておくこととしては園によっては来訪者の制限をかけている場所もあるので、身内をつれてきたい場合は園に確認を取っておきましょう。
後から言うと面倒事になりかねません。

 

当日に気をつけることはビデオの撮影などは立ち上がらずにするか、邪魔にならないような場所でしましょう。
主役は子供たちであることを念頭においておきましょう。
下の子を連れてくる場合は目を離さないように。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

卒業式はわが子の成長を祝うとても重要なものです。
せっかくの卒業式や卒園式で周りを気にしながら見るよりもしっかりと集中してみたほうが絶対にいいです。

いい思い出はいい服装で迎えましょう。

 

何かの参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ