ひな祭りの由来は?あられの意味?ちらしずしは?

この記事は2分で読めます

おひなさま

皆さんはひな祭りをいつもどうお過ごしですか。

 

3月3日のひな祭りは女の子の穏やかな成長を願って雛人形を飾る日本の伝統行事といっても過言ではないでしょう。
しかしこのひな祭りはもともと女の子のためのお祭りだったわけではないのをご存知でしょうか。

さらに3月3日に食べるひなあられや菱餅、ちらし寿司にもさまざまな願いが込められているのです。

 

今回はそんなひな祭りの由来やひな祭りの食べ物についてご紹介いたします。

 

ひな祭りの由来

ひな祭りの由来を皆さまはご存知ですか?

日本のひな祭りのはじまりは昔の中国で行われていた風習が元になっています。
中国では季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられていて、3月最初の巳の日に禊を行う風習がありました。
これがその後日本に伝わって草木や紙で作った人形で体をなでて厄を移し、川や海に流す風習へと変化していったのです。
現在も一部の地域で行われている流し雛はこれが元だといわれています。

 

ひな祭りが今の形になったのは江戸時代以降のことだそうで、最初は身分の高い人しか知らなかったのですが、一般の人間も知るようになったのだとか。
安土桃山時代ごろはまだひな祭りは厄を祓うという行事でした

 

江戸時代になると幕府によって3月3日が上巳の節句と決められ、五節句のひとつとして扱われるようになりました。
ほかの五節句は1月7日の人日の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句とされ重要な年中行事となりました。
そのときは男女区別はなかったのですが、端午の節句が男の子の節句として祝われるようになったので3月3日が女の子の日という風に定着して行ったようです。

 

最初は流し雛のようなものだったのになぜ今は雛人形になっているのか。
それは平安時代あたりに幼い女の子がおままごとなどに使うような人形のことをひいなと呼び、ひいなを使う遊びを雛遊びと呼んだそうです。
その人形と流し雛の人形が結び付けられて今の雛人形の形へと変わっていったといわれています。
そしてひな祭りは女の子や赤ちゃんが幸福になるようにという願いを込めてお祝いをする風習として今に伝わっています。
このお祝いをする風習がいまのひな祭りの由来であるようです。

ひな祭りの由来にはこんな歴史があったのですね。

 

ひな祭りのあられの意味

ひな祭りで代表的なお菓子といえばひなあられではないでしょうか。
ピンク、緑、黄、白の4色になっていてこの色は季節を表しているといわれています。

そして菱餅の色もピンク、白、緑ですがこの3色にはそれぞれ意味があるのです。
ピンクには魔よけや桃の花、白は浄化や雪、緑には長寿や健康などの意味が込められています。

さらにピンクの桃の花には悪いものを取り除く力があると考えられています。
ピンクにはくちなし、緑にはヨモギ、白色にはひしの実が使われていて、くちなしには解毒、ヨモギには増血、ひしの実には血圧を下げる効果などがあって健康を願う思いが菱餅には詰まっているのです。

 

ひな祭りのちらし寿司の意味

ひな祭りになるとちらし寿司を食べるのが近年では一般的になっていますが、実はちらし寿司にはそこまでいわれがあるものではないのです。

しかしちらし寿司の使われるれんこんには見通しが利く、豆にはまめまめしく、海老には長生きなどのおせちのような願掛けの意味も含まれています。
縁起のいい具が祝いの席にぴったりということで今では定番になってきています。

ひなあられ

ほかにもハマグリの吸い物や白酒や甘酒もひな祭りの食べ物とされています。
江戸時代以前は白酒ではなく桃の花びらを漬けた桃花酒が飲まれていましたが、桃の赤と白の対比がすばらしいとして定着していきました。
アルコール度数は10%と少しきつめです。
しかし白酒は大人の飲み物なので子供には甘酒を飲ませてあげるとよいでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

現代のひな祭りは女の子の健康を願う行事ですが、由来を調べてみると厄払いという意外な始まりがあるのです。
3月3日にちょっとした豆知識として披露したら盛り上がりそうです。

何かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 31a4dcb8628cb9cdde74d093ed3df06a_s
  2. ab1044b658b8c2e32d4ff170c1817ebb_s
  3. 066189

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ