年越そばの由来は?具は何が人気?暖かいか冷たいかどちらがいい?

この記事は2分で読めます

ざるそば

皆さんは年越しそばの由来をご存知でしょうか。

 

年越しそばは大体年がが変わるときなどに食べられますが、なぜわざわざ遅い時間に食べられるのか知らない人も多いのではないでしょうか。
それに年越しそばは縁起物だといわれてもどのような意味があるのか?
そしてなぜそばである必要があるのか。
今回はそんな年越しそばについて紹介します。

 

年越しそば 由来

大晦日に年越しそばを食べる風習は江戸時代に始まったといわれています。
年越しそばは縁起物だといわれていますがどのような意味があるのかは意外と知られていません。

そばは細く長い麺であることから「健康長寿」や「長寿延命」といった縁起を担いだものだといわれています。
似たものだと引越しそばも「細く長くお世話になります」という意味があったりします。
ほかにもそばは切れやすいことから今年1年の労苦や災厄を切り捨てて、新年を迎えようという意味もあったりします。
これ以外にも金運を呼ぶだったり、借金を打ち切る勘定そばといったいろんな意味があったりします。

ちなみに年越しそばは年を越す前に食べきるものらしく、年をまたいで食べるのは縁起が悪いものと考えられています。
しかし地域によっては年越しそばは1月1日に食べるものとする風習あったりするので、地域によってさまざまです。
そばとは調べてみると意外といろんな意味がこめられていたりするので、調べてみると面白いかもしれません。

 

年越しそば 具

皆さんは年越しそばに何を乗せて食べますか?
年越しそばのトッピングは明確に決まっているわけではありませんので、各家庭でお好みのものを乗せて食べても問題はありません。
今回はトッピングの中でも縁起のよいトッピングを紹介します。

定番なのが海老でしょう。
腰が曲がっていることから長寿のシンボルとされ、おせちなどにも入っているぐらい親しまれているな食材です。

 

かき揚げやてんぷらが定番なのではないでしょうか。

 

卵も黄色が金色と通じることから縁起のよいものとされていています。

ほかにも卵焼きや伊達巻は布をまいている形を連想させることから繁盛の願いがこめられているとも考えられています。

 

油揚げを乗せてきつねそばにして食べるのも商売繁盛の意味で有名です。
お稲荷さんの商売繁盛にあやかったトッピングです。

 

普段そばに乗せているトッピングも調べてみると意外な意味がこめられていることがあるので、一度調べてみると面白いでしょう。

年越しそば 温かい 冷たい

年越しそばは温かいのとつめたいのどちらで食べたほうがよいのか。
実際はどちらでもよいそうです。
しかし時期的に12月は新そばが出回る時期なので、ざるそばやもりそばで食べるのがそばの味を楽しめるのでおすすめです。
とはいっても時期的には温かいほうが好まれたりするのでそこは人それぞれでしょう。

 

ちなみにそばはざるそばのために作りおきしておくと除夜の鐘の10分前くらいにすぐ準備できるので楽です。
土壇場で作ろうとすると大変なので作りおきのほうがゆったりと楽しめます。

参考になれば幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

毎年の恒例の習慣ですが調べてみるまで意外と知らなかった意味などがあったりします。
来年もいい年でありますようにというちょっとした意味をこめた縁起物なので、今年はちょっとこだわった年越しそばを食べてみてはいかがでしょうか。
何かの参考になれば幸いです。

てんぷらそば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. bagetto
  2. えほうまき
  3. 野菜
  4. wine1
  5. 013
  6. f83cbe20fe4fdc3fd0240e6dcc88287c_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ