お雑煮の由来は?意味はあるの?お餅の形は?

この記事は2分で読めます

52f1df581237ae8707437d7e73930f20_s

お正月に必ず食べるものにお雑煮があります。

どうして元旦にはお雑煮を食べることになったのでしょうか?

 

日本人に馴染み深い「お雑煮」に関する情報をまとめてみました。

 

お雑煮の由来

お正月に食べるお雑煮の歴史は古く、一説では平安時代からといわれています。
当時のお餅は、日本人にとってお祝いごとや特別な日に食べるハレの食べ物でした。

年神様に供えた餅や里芋、にんじん、大根などを、その年の最初に井戸や川から汲んだ「若水」と、新年最初の火で煮込み、元旦に食べたのが始まりと言われています。
雑煮の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせたことからきています。
このようにお水にまでこだわりみられるエピソードからも、雑煮がいかにハレの日の食べ物かがわかりますね。

 

お雑煮の意味

お雑煮の具材や味付けは地方によって異なります。
けれども必ず入っているものがお餅ですね。

 

室町時代には武士の宴会では、一番初めに最初の酒の肴として雑煮が振る舞われていたそうです。
当時は餅の原料となる米は高価なものであったため、庶民のお雑煮には里芋が餅の代わりに里芋が入っているのが一般的だったようです。
江戸時代に入り、一般庶民でも餅が簡単に餅が手に入るようになる頃には、味噌や醤油などの味付けや、丸餅と角餅など地域によっての違いもみられたようです。

d2170450d877cbd006309c485e52e04e_s

お雑煮の餅の形

関西では丸餅、関東周辺や寒冷地では角餅が多いようです。
関西では昔から「円満」を意味する縁起物の丸餅が人気ですが、関東周辺では手で丸める丸餅よりも、一度に多く作れる角餅が使われたようです。

 

また、関ヶ原の戦いの影響で西日本が丸餅で東日本が角餅に分かれたという話もあります。
岐阜県、三重県、滋賀県のあたりは同じ県内でも丸餅と角餅が混在しているようですので、案外その説も信憑性がありそうですね。

 

香川や愛媛では、あんこの入った餅を雑煮にいれるそうです。
形以外にも、焼いて入れるか煮て入れるかの違いもあり、それによって味もかわりますので、お雑煮の味もせまい日本ではありますが、味も触感も様々なのがわかりますね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

お正月に家族そろってお雑煮を食べる習慣は、日本ならではのもの。

大切にしたい習慣ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 9ef1a3f43db6d83ed9181e062e5d82a9_m
  2. ざるそば
  3. えほうまき
  4. ^4C62799FACDB13710F583D9AB1F436CC89717DD976C58043C6^pimgpsh_thumbnail_win_distr
  5. f83cbe20fe4fdc3fd0240e6dcc88287c_m
  6. wine1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ