年賀状印刷のアプリで自宅で印刷するには?ネット注文はどうなの?やめたいときはどうするの?

この記事は2分で読めます

年賀状1

皆さんは年賀状はどうされていますか。

 

最近はメールが流行っていて実際の年賀状を書く人は年々減っている傾向があります。
けれども、お正月に自宅に着く年賀状は、誰でも嬉しいものです。今年は久しぶりに年賀状を書いてみませんか。
今回はその際に多くの人が気になる情報をまとめてみました。

 

年賀状印刷のアプリで自宅で印刷

年賀状を自宅で印刷するか業者に出すか誰もが悩むところだと思いますが、自宅で作る場合は、ワードで印刷をしたり筆まめや筆王のアプリを使って印刷の方が多いと思います。
けれども、筆王や筆まめの画像を毎年買ったり、画像を考えるのはちょっと面倒ではありませんか?
毎年のことですので、つもりつもると結構バカにならない額にもなります。

 

実は年賀状のアプリで無料の優れものアプリがあるのをご存知ですか?
それは郵便局の年賀状のアプリで、「郵便年賀.JP」というサイトにあります。

郵便局のサイトに行くと、はがきデザインキットというアプリがあり、自宅のPCにアプリをダウンロードすると、無料で年賀状が作成できます。宛名作成はもちろんのこと、その年の干支の画像も無料でダウンロードもできます。
この、はがきデザインキットのすごいところは、自宅で作るのは面倒という方は、ネットから印刷の注文をすることまでが可能な点です。

知らない人も多いですが、郵便局のアプリはとても優秀です。
使ったことない方は今年はぜひ郵便局のアプリを使ってみてはいかがでしょうか?

 

年賀状のネット注文

年賀状を自分で印刷するのはめんどくさいので印刷業者に注文しているという方も結構多いでしょう。
最近では宛名も裏面も印刷をしてくれる業者が増えています。

カメラのキタムラや富士フイルムでは、片面50円程度でインクジェット年賀状よりきれいな印刷をしてくれます。
また、最近はめんどくさい版の人が喜ぶような、実際の年賀状の宛名部分から住所録を作成してくれる有料のサービスもあります。

裏面の画像は、業者で指定したもの以外でも自分の好きな写真を持ち込みできるサービスもあるので、自宅で作成派の方も検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、インクが切れていたりプリンターが壊れたりした場合にも印刷の業者はとても便利です。
gasyou

年賀状やめたいときはどうする

最近は、メールで年始の挨拶をするかたも増えているで、さまざまな理由で年賀状を出すのをやめたいとかんがえるかたもいるでしょう。
そんな方むけに、年賀状をスムーズにやめる方法もまとめてみました。

抑えるべきポイントは3つあります。

 

①年賀状でやめることをつたえない。
12月初旬までにハガキで連絡できる方は、はがきを出しましょう。
また、年賀状をださずに寒中見舞いで伝える方法もあります。

 

②出来れば手書きで書きましょう。
手書きにする事で、心をこめていることが伝わります。
手書きはとても面倒ですが、受ける印象が全然違います。

 

③年賀状を出さない理由を丁寧に書く。
誰に対しても今後は出さないということと、出さないもっともな理由を書くことで、相手も納得する可能性が大です。

 

文面としては、以下の構成で書けばスムーズに作成できるでしょう。

 

・季節の挨拶
・年賀状を辞める理由
・今後も変わらないお付き合いをしたいという言葉
・結びのことば

 

近しい方には、手紙がついたころに電話の一本も入れれば完璧でしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

年賀状はもらえるとうれしいものですが、電話やメールでの連絡がおおくなった現代では、相手によっては必要性が低くなる場合もあります。
ご無沙汰している相手には年賀状を出す、などのメリハリをつけて年賀状とお付き合いをするのも現代人ならではの付き合い方です。

 

毎年年賀状を出す方、普段は年賀状を出さない方。
来年のお正月に向けて、年賀状をどうするかをみなおしてみてはいかがでしょうか。

 

なにかひとつでもおやくに立てたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. pc
  2. b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s
  3. 手紙2
  4. 手紙
  5. 年賀状1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ