鏡餅の意味は?いつまで飾る?食べ方はどうする?

この記事は2分で読めます

鏡餅

皆さんは鏡餅の由来をご存じでしょうか。
鏡餅はお正月が近づくと毎年飾る物ですが、それにどのような意味が込められているかご存じでしょうか。
鏡餅は毎年飾る物ですが意外とその意味をよくわかっていない人も多いのではないでしょうか
正月飾りは年神様をお迎えするもので、それぞれに意味があるものなのです。
今回はお正月飾りの定番鏡餅について紹介します。

 

鏡餅 意味

なぜお正月には鏡餅をお供えするのか。
それは昔まん丸なお餅は鏡の形に似ていたので神様が宿ると考えられていたのです。
そしてそれを食べることで祝福や恩恵が得られると考えられていました。

 

その他にも丸いお餅を2つ重ねているのはかさねがさねを表しています。
つまり円満に年を重ねるという素敵な意味があるのです。

そして鏡餅の飾りにもちゃんと意味があります。
鏡餅の一番上にのせるミカン(?)は橙という名前で、代々ieが栄えるようにという願いが込められています。

そして一番目立つ白と紅の御幣は魔除けと広く繁栄するようにという意味があります。

鏡餅の下に敷かれる紙にも意味があります。
これは四方紅と呼び、天地四方を表し、災を払い一年の繁栄を祈願しています。
ちなみに天地四方とは、年の初めに天地四方を拝して豊作を祈る儀式から来ています。

 

そして三方という尊い方へ物を差し出すときの台がついてこそ神様へのお供え物なのです。

最近だと残念ながら鏡餅のお餅は切り餅ですが、大事なのは姿勢と気持ちなのではないでしょうか。、

鏡餅 いつまで

鏡餅はいつ飾ったらいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。

 

一般的に、鏡餅を飾るのは、28日までに準備しておくのが言いようです。
なんでも神様は新年の初日の出と共にお迎えする物だと考えられているので、遅くてもそれまでに準備するようにすれば大丈夫だそうです。

そしていつまで飾っておくかですが、それは1月11日の鏡開きの日までと言われています。
松の内は神様がいる期間なので、松の内が過ぎるまではしっかりと飾っておきましょう。
一つ注意してほしいのは、29日にお供えすると九もち(苦もち)と考えられ、縁起が悪いのでこの日に準備しないようにしましょう。
そして飾る場所ですが、床の間が一番一般的ですが、タンスの上や下駄箱の上でも大丈夫です。

 

鏡餅 食べ方

最近の鏡餅はプラスチックに入った物なのでとても手軽に食べられます。

ここでは餅の保存法や食べ方などを紹介します。
鏡餅に神様がいるのは松の内までですが、1月11日の鏡開きまでは飾りましょう。
そして鏡開きの日におしるこなどでいただきましょう。
こうして鏡餅を食べることで一年間病気をしないと言われるのです。

鏡餅を食べるときの注意点なのですが、昔ながらの鏡餅も今の鏡餅も切ってはいけないと言うことです。
これは切るという単語が縁起がよくないと言われているからです。
同じ理由で、割るという単語もよく思われなかったので、開くという単語を使ったのです。

昔の鏡餅は日にちがたつと乾いてくるので小さく分けるときにトンカチで割っていました。
乾燥がたりない場合はさらに乾燥させて最後までトンカチでわっていたのです。

 

最近のプラスチックに入ったのは乾燥されていないので、小さくしたい場合は水にくぐらせてチンして柔らかくした物を小さくするようにしてください。
やけどには注意です。

 

乾燥した餅のおいしい使い方は揚げ餅などがおすすめです。
コツですが、高温ではなく低温で揚げるのがおいしくなるコツです。
おいしく食べていい年にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。
鏡餅は神様が宿るとも言われる大事な縁起物なので、注意点には気をつけて一年がいい年になるよウニ祈るのがいいのではないでしょうか。

 

何かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ひっこし
  2. カタログギフト
  3. a5bd993b01777b88a5261b4a9fd69f83_s
  4. 754e13ff17a2c9c64880c948ed132ee9_m
  5. こたつ1
  6. 5b6b6a16fedfe4d19343c4746f416f1e_m

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ