除夜の鐘の意味は?つく時間は?なぜ108回なの?

この記事は2分で読めます

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s

年末になると誰もが気になるのは、年越の仕方と新年の準備です。

年越は、自宅でテレビを見ながらすごしたり、ライブにいったり、神社に並んだりといろいろなすごし方がありますが、
年越の数十分前から鳴り響く除夜の鐘は、この時間におきている日本人の大半が聞いているのではないでしょうか。

年末の風物詩、除夜の鐘。
今回は、みんなが知っているようであいまいな除夜の鐘についてまとめてみました。

 

除夜の鐘の意味は?

除夜の鐘とは、大晦日の12月31日の深夜0時をはさんでつく鐘のことをさします。

除日という言葉がありますが、除日は一年の一番最後の日という意味で、大晦日(おおみそか)のことをさします。
また、除夜の除には、古いものを捨てて新しいものに移るという意味があります。

 

けれど、なぜ、除日に鐘をつく習慣がうまれたのでしょうか。

 

仏教では、修行を積むことにより煩悩や、悩みや苦しみや迷いから解放されて悟りを開くことができるとおもわれています。
ですが、除夜の鐘には厳しい修行を積んでいない人々でも、心の乱れや汚れを祓う力があるという言い伝えがあり、儀式となっているようです。

仏教寺院にある鐘は、梵鐘(ぼんしょう)と呼ばれる仏具の一つです。

大晦日に鐘をつくことは中国では宋(そう)の時代にはじまり,日本では近世になって広まったといわれていわれていますが、諸説もあります。

 

除夜の鐘のつく時間は?

大辞林によると、除夜の鐘は、大晦日の午後一二時頃から元旦にかけて、仏教寺院で打ち鳴らす鐘をさすようです。
近年は、夜中に鐘をつくことでクレームになることもあるようで早い時間に鳴らす寺もあったり、鐘を鳴らさない寺まであるようです。
ですが、多くのお寺は、大晦日の12時をはさんで鐘をならすようで、一定のきまった時間があるわけではないようです。

 

お寺によっては、参拝者が鐘をつけるお寺もあります。
東京で有名な寺には、大田区の池上本門寺がありますが、31日の23時から整理券をくばっており、600名まで鐘をつくことができるそうです。
煩悩の多い現代人にはよいイベントかもしれませんね。

この場合の終わりの時間は、一人1分でも600分で10時間かかりそうです(笑)

 

除夜の鐘はなぜ108回なの?

人には百八つの煩悩(ぼんのう)があると言われ、その煩悩を祓うために、108回鐘をつきます。
煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらきのことを言い、仏教における考え方からきています。

煩悩は、大辞林によると、人間の身心の苦しみを生みだす精神のはたらき。肉体や心の欲望、他者への怒り、仮の実在への執着など。「三毒」「九十八随眠」「百八煩悩」「八万四千煩悩」などと分類され、これらを仏道の修行によって消滅させることによって悟りを開くことができるといわれています。

 

鐘をつくのがイベントになっているお寺ではもちろん、108回以上鐘をつきますが、本来は108回が正しい形ではあります。
gasyou

まとめ

いかがでしたでしょうか。

除夜の鐘は、煩悩を払うことで悟りを開き、極楽浄土へ行ったりすることを願って鐘を突いていたのではないのかと感じました。
みなさまはどうお考えですか。

 

また、悟りをひらくかどうかは別として、大晦日は小さい寺から大きい寺まで、鐘をつけるお寺がいくともあります。

今年はお近くのお寺や、有名なお寺に行って鐘をついてみてはいかがでしょうか。クラッカーをくばったりお祭り気分のお寺もあったりします。

 

東京では、

・築地本願寺 除夜の鐘
・池上本門寺 除夜の鐘
・新井薬師梅照院 除夜の鐘

などが有名です。

 

整理券をくばるので、配布時間もサイトやツイッターでチェックをしてからおでかけください。

鐘をたたく方は、ぜひお賽銭も奮発してみてくださいね。

 

よい年末年始になりますように。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 28a8f5d2215a994443635cd0d91d3168_m
  2. 0856d8ee22c9f404e9fd610581c7b7ad_s
  3. 72b227360943f9639c6ec3a986503780_s
  4. 6a738504020ee900133c4845eebcb9b9_m
  5. c19601cb83ebe98386ea07498d5ce21e_m
  6. 節分2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ