ホワイトデーのお返しは何がいいの?意味はあるの?やってはいけないことはあるの?

この記事は3分で読めます

cookie2

男性のみなさんはホワイトデーのお返しは決まっていますか。
職場や学校、知り合いからバレンタインにチョコをもらったからにはお返しを考える方が多いでしょう。
しかしホワイトデーには相手に何をお返しすればいいのかわかりにくいのではないでしょうか。

 

バレンタインのお返しを何にするかによって、今後の関係の善し悪しが変わることもあります。
女子の間では常識でも、男性にはあまり知られていないことがホワイトデーのお返しにはあるのです。
今回はそんなホワイトデーのお返しについてご紹介します。

 

ホワイトデーお返し

バレンタインが終わるとデパートやスーパーなども一気にホワイトデーに様変わりします。

男性のみなさんもそんな光景を見てホワイトデーのお返し選ばなきゃと思う方も多いのではないでしょうか。

 

男性のみなさんからするとただのお返しみたいなものだと思っている方もいるでしょうが、お返しに何を贈るかというのは女子側からしたらとても重要なことなのです。

下手をすると本命の人から頂いたとしても、お返しが粗末だと、センスがない人思われてしまうかもしれません。

 

一般的にホワイトデーのお返しで定番なものをいうと、クッキー、マシュマロ、キャンディーなどが上げられることが多いですが、センスのある女子ほど厳しめにみています。女子は案外、お返しに何をくれるかをみていますよー(笑)

 

 

ホワイトデー お返し 意味

ホワイトデーのお返しをお菓子でするときは、渡すものによってすっごい意味が変わってしまうことがあるので注意です。

たとえばキャンディー。

誰にでも好まれやすいので選ぶ人もいるかもしれませんが、キャンディーには「あなたのことが好きです」といった意味があるのです。
なんで?といわれましてもそれが通例だからとしかいえません。実際女子の中でも誰が言い出したのかもわかりません。
女子はおまじないだとか占いが大好きなので、結構こういうことが大事だったりするのです。

 

マシュマロには「あなたのことが嫌いです」といった意味で取られています。
うっかり好きな人などに贈って勘違いさせないようにしましょう。

 

そして定番のクッキーには「あなたは友達です」といった意味があります。ある意味一番無難で安定なお返しともいえるでしょう。

 

まとめでもらったりして人数が多い場合は、ドーナツやシュークリームなどを人数分買うという方法もありでしょう。
ちょっと高くついてしまってもお返しはとても重要なのでよく考えて贈りましょう。

 

ホワイトデーでやってはいけないこと

まずやると嫌われやすいのが詰め合わせです。
職場や学校の女子から義理チョコをもらったらついついやってしまう人がいますが、クッキーの詰め合わせなんかを買ってみんなで分けてねなんて渡してしまうともらった側はとても困ります。
是非ともチョコを贈られた時を思い出してほしいのですが、「これ女性社員からです。後はみなさんで分けてください」なんていわれましたか?

その場合は、詰め合わせでもよいとおもいますが、一人一人、もしくは女子全員からあなたへ個別にチョコをもらった場合は、個別に用意をしましょう。

面倒だからといって詰め合わせをぽんと渡すのではなく、女子社員の人数分のお菓子を買ってお返しするようにしたほうが職場の今後の仕事のやりやすさにもつながるでしょう。

 

また、お菓子が面倒だからといってハンカチなどの残りやすいものはできればやめましょう。
特におしゃれな女子にとってハンカチはとても大事なアイテムなのです。

ただ、高級なブランドハンカチで上品な品があればそのかぎりではありませんが。

そういったこともあるのでできるだけお返しは消え物を贈るようにしたほうがはずれがありません。

 

まとめ

いかがでしたか。

女子の間では常識でも男性にはあまり知られていないであろうお返しの意味。

気にない人はまったく気にしないお返しの意味ですが、気にする人は気にするものです。

 

悪い意味に取られるお菓子を送ってしまうと今後の関係が微妙になりかねないんで、できるだけ気をつけてお返しを贈るようにしましょう。
男性にとってはくだらないと思われることかもしれませんが、女子っぽい人ほどそういったことをとても気にしやすいのです。
お返しは勘違いされないものをしっかり選んで贈りましょう。

 

何かの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 丸の内
  2. バレンタイン
  3. ビール
  4. ホワイトデー義理
  5. 宝船
  6. IMG_3132.JPG

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ