引越しで一人暮らし?選別はどうする?安くあげるには?

この記事は2分で読めます

ひっこし

年末や年度末に近づくと引越しが盛んになってきます。

 

一人暮らしの方、もしくはこれから一人暮らしをされる方は、引越しの仕方をきちんと理解されていますか?
引越しをする前の準備などは意外とやることが多く、初めての引越しだと何から手をつけていいのかというものも多いのではないでしょうか。

一人暮らしならば家族に比べて身軽なので引越しをする機会も少なくはないでしょう。

 

今回は一人暮らしの引越しの注意点とやるべきこと。
期日までにはやらなければいけないことやそしてお金をかけない引越しの仕方をご紹介します。

引越しで一人暮らしをするとき

初めての引越しとなると何から手をつけたらいいのか戸惑う方も多いでしょう。

 

頼む引越し業者やいる物いらない物の選別が肝心。
さらに役所への届け出と初めてだと何からやればいいのか悩むのは仕方の無いことです。
なので失敗しないように手順をしっかり確認して家具なども現地で買うのか持って行くのかしっかり考えておきましょう。

立つ鳥跡を濁さずきれいに引越しできた方がいいでしょう。

 

引越しで一人暮らしをするための選別

一人暮らしの引越しもきちんと計画は立てるようにしましょう。
日程をきめるのも大切ですが、荷物の量によって料金が変わるのが引越しです。

業者にまかせるのも、自力でレンタカーを借りて引っ越すにしても、荷物の量を減らせば結果的に料金も労力も節約することができます。
そのためにも事前にいる物といらない物しっかり選別しておきましょう。
たとえば家具類ですが、特にこだわらない限りは家具はできるだけ処分しておいた方がいいでしょう。
処分するときはまだ使える物はリサイクルショップやオークションで売るのがいいでしょう。
なかでもエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などは処分するときに費用がかかります。
なので困った場合は引越し業者に頼んでしまうのも一つの手です。

 

まず家具に関してですが、お安く済ませたいのであればベッドやタンスなどは引越し前に処分して現地で買うのが望ましいでしょう。
今あるものを持って行って配置するよりも現地で買って配置した方が家具の配置に困りにくいですし、荷造りの手間がぐんと省けます。
できるだけ持って行く物は必要不可欠な物にしてそれ以外は現地で買い足しましょう。

ダンボール

引越しで一人暮らしをするために安くするには

一人暮らしの引越しは荷物の量が少なければ安くなります。
たとえば引越し業者が設定している単身パックですが、他の引越しの仕方に比べて割安になっています。
しかしそれが利用できるかは確認必須です。
単身パックは本当に荷物が少ない場合だけ利用できるコースなので、バッドやタンスなんかがあると単身パックは利用できないことがあります。
そこのあたりは引越し業者によって様々なのでどれくらいなら運べるのか確認しておきましょう。
当日になって積みきれないとなったら追加料金がかかってしまうので結果的に割高になります
なので安いからといって単身パックに決めてしまわない方がいいです。

 

事前に複数の引越し業者の見積もりをする方が結果的に節約になりますよ。
引越しっていくらかかるの?
超簡単!無料一括見積り比較!
引越し屋

まとめ

いかがでしたか。
引越しは意外とする前の準備が意外と大変かつ大事なので、引越しをする前にしっかり手順を確認しておきましょう。
単身パックなども使い方によってはお安く済ませられるいいコースなので、しっかり準備すれば引越しの料金を節約できます。

いる物といらない物しっかり見極めて身軽に移動できるようにしましょう。

 

初めての引越しの場合は必要な準備や流れを確認しておくだけでも結構作業が楽になります。ある程度シュミレーションしておくのが大事です。
引越し先で困ったことにならないように気をつけて引越ししましょう。

 

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 年賀状1
  2. 鏡餅
  3. はがき
  4. a5bd993b01777b88a5261b4a9fd69f83_s
  5. ひっこし
  6. ひっこし1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ