ひっこしのおまかせパックはどこまでやってくれる?料金は?準備は?

この記事は2分で読めます

ひっこし1

みなさんは引越しおまかせパックが何処までやってくれるのかご存じでしょうか。
様々な理由で身動きがとれなかったり、多忙で時間が無かったりする方にとても便利なおまかせパック。

 

梱包から運搬、荷ほどきまでを引越し準備を業者に任せてしまおうというパックです。
しかしおまかせパックといっても何処までやってくれるのかわからないことには頼みづらいのではないでしょうか。
今回はおまかせパックが何処までやってくれる物なのか、料金はどのくらいか、こちらがすべきことなどをご紹介します。

 

引越し おまかせ どこまで

引越しの荷造りは家族の人数が多ければ多いほど大変な物になるのが常識です。
いる物といらない物を分けたりいろいろ道具を買いに行ったりと荷造り以外でも時間がかかってしまいます。

たとえば、急な転勤などで引越しまでに時間がないとき。

それを業者が代行してくれるのであれば、自分はそれ以外の仕事などに集中できるのでいいプランだと思います。

 

おまかせパックがやってくれるのは大まかにいってしまうと家具、衣服、食器や小物に渡るすべての梱包、運搬、荷ほどきです。
必要な物や大切な物だけ自分で荷造りして、開けないように注意書きしておけば業者は開けません。
結構融通が利くので細かく指示を出せばやってくれます
特に搬入の時は細かく指示を出すくらいの方がちょうどいいです。

 

仕舞い方は細かく指示を出すか、後から直すのどちらかで選ぶのがいいでしょう。
しかしできるだけ細かく指示を出す方が後々苦労しにくいです。
いっそよく使う物は自分で荷ほどきする方がいい場合もあります。

 

業者にいえば大切な物をいれる用の段ボールはもらえます
さらに連絡すれば使い終わった段ボールを取りに来てくれるという業者もあります。

 

引越し おまかせ 料金

まず引越しおまかせパックは通常の引越しと比べると割高です。
梱包や荷ほどきの作業があるので自分で梱包、荷ほどきをするよりも必然的に料金が高くなってしまいます。
料金は荷物の量、時期、移動距離で金額が決まるので、移動距離や家族が多いほどそれだけ高くなるのです。

 

 

プランによっては梱包だけおまかせというプランもあり、そういったプランは作業員一人あたりで料金が決まっている場合が多いです。
このあたりの料金はまちまちでだいたい1万~2万で日付によって変わります。
土日だと料金が高くなったりするので引越し業者への確認必須です。

そこのあたりは予算とご相談してください。

ひっこし2

引越し おまかせ 準備

基本的にこちらは準備をしなくてかまいません。
しかし見られたくない物や大切な物だけは自分で荷造りする必要があります。
下着類や貴重品、お気に入りの物は自分で荷造りしておかないと、お気に入りの物が壊れてしまっていたなんてことも起こりえます
最低限の準備だけすればいいので時間が無い人や面倒な人にはおすすめです。

 

 

必ず事前にやっておかないといけないゴミ処理といらない物の処理です。
ゴミだったりいらない物も丁寧に梱包されて届いてしまうので処理は必須です。

引越し先では間取りが違うので、引越し先の間取りの図を書いて部屋に番号を振って、何をどこに置くか業者に渡しておくと楽になります。
部屋の指示が指示しやすくなり、転居先での動きがスムーズになります。

引越し先の玄関にも同じような図をを張っておくと、いちいち何処に置くかと聞かれないのでので楽です。

 

まとめ

いかがでしたか。
おまかせパックは忙しい方や高齢者、妊婦さん、小さな子供などがいるお宅の方にはとても便利な引越しのプランです。
単身の方でも時間が無い場合はおまかせパックに任せているというくらいです。
ちょっと料金が高くなっても楽に短い時間で引越しの準備を終わらせたいという人にはお勧めできます。
お安く済ませたいという方には向かないのでそこは予算や方針によって決めるようにしてくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 引越し
  2. a5bd993b01777b88a5261b4a9fd69f83_s
  3. 5b6b6a16fedfe4d19343c4746f416f1e_m
  4. ひっこし
  5. 113186
  6. 静電気

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ