引越しの業者は一人暮らしの場合どうなの?選び方はどうする?料金はいくらぐらい?

この記事は2分で読めます

ひっこし

単身や一人暮らしのみなさんは引越し業者の選び方をご存じでしょうか。
一人暮らしだと、引越しの時なんかはできるだけ節約したいなんて人も多いのではないでしょうか。

しかし一人の引越し準備は大変だからできるだけ楽もしたいとも思ってしまう人もいます。

 

今回ご紹介するのはそんな一人暮らしの方の引越しの仕方やプランの選び方、相場を紹介します。
自身の希望に合った引越しの仕方を選んでみませんか。

 

引越し 業者 一人暮らしだとどのくらい?

一人暮らしだと引越しの時に一番気になるのが引越し費用です。
できるだけ費用は節約したいですし、安ければ安いほどいいと思いがちです。
しかしサービスの質も大事な要素です。
費用は安くてもサービスが悪いと結果的に損してしまうこともあります。破損時の保証などがないと、家具などが破損した場合は結果的に高い引越しになってしまったりもします。

ですので、引越し業者選びとコース選択は重要です。
一人暮らしの方は基本自分で引越し準備をするしかありません。

自分の状況(時間はあるのか・どこまでやってもらいたいのかなど)と予算、希望をしっかり確認しておくのが納得できる引越しをするコツです。

 

引越し 業者 選び方

引越し業者の選び方は引越しをする上でとても大事なことです。
複数社の見積もりをした後にすぐ電話をくれる会社条件に合うプランや特典を提案してくれる会社など会社によって見積もり後の対応はまちまちです。
候補の会社には必ず会社に電話連絡して接客や対応がどうか確認しておくことはとても重要です。

 

オフィス
それらの要素を総合的にみてから会社に絞り込みをかけましょう。

そして最終的な決め方は訪問見積もりをしてもらってから決めましょう

 

引越し
担当者の対応や接客・確認作業が適当ではないか、きっちりと説明してくれるか?などは決定する上で重要な要素です。
訪問見積もりの時にはすべての会社に同じ質問をするのがいいでしょう。
たとえば、
「荷物が途中で破損したらどうなるのか?」
「追加料金はどんな場合に必要か?」
などの万が一などの場合を想定した質問をいくつか用意しておいて、納得の答えが返ってくるのか確認することで納得して決めることができます。
何でも安さだけで決めるのではなくサービスの質も見極めおくのが大切です。

 

引越し 業者 料金

引越しの料金は大まかにいうと荷物量、移動距離、オプション、時期などによって決まります。
特に荷物量と時期は重要です。
荷物量は多ければ多いほど高くなってしまいますので、荷物の量はとても重要です。

 

ですので、費用を下げたければ真っ先に荷物の量を減らすのが一番の早道です。
荷物が少ない場合で距離によっては1万円台で引越しできる場合のあるのだとか。

 

オプションによっても料金は変わってきます。
たとえば掃除のサービス、清掃サービス、

時期は引越し業者の繁忙期だとオフシーズンよりとても高くなってしまいます。
たとえば移動距離50km以内、単身で荷物量は普通の時、繁忙期とオフシーズンでは約1万以上金額に差が出てきます。

さらに複数の引越し業者の見積もりをしておくと、頼みたい業者から値引きを引き出すこともできます
たとえば頼みたいB社に「A社の方からは~~円位の見積もりをもらった」みたいなことを言うと、値引きしてくれやすいです。
なので見積もりは一つの会社からだけではなく、複数社もらっておくことが重要になります。
単身の場合はやりようによってはとても料金を下げられるので、選択肢の一つにいれてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

引越し費用の安さで引越し業者を選びがちですが、一番大切なのはあなたが納得しているかです。
大手の安心感や仕事の丁寧さを取るか、とにかく費用の低さを追求するかは自分の求めている物と費用をしっかり考えてから選ぶようにしましょう。
費用を安くする気になれば一人暮らしの方はとても安くできるので、プランをしっかり考えておきましょう。
せっかく新居にうつって新しい生活をするための「引越し」なのですから納得したプランやサービスで引越しをするようにしたいですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 754e13ff17a2c9c64880c948ed132ee9_m
  2. 鏡餅
  3. ひっこし
  4. カタログギフト
  5. 引越し
  6. ダンボール

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ